飛行機搬送開始致します。

4月19日、飛行機導入後初めて、沖永良部島への患者搬送をおこないました。搬送の模様は「奄美新聞」および「琉球朝日放送」でも取り上げられました。患者様のご家族からは『おじいちゃんが島に帰って来たなんて本当なんですか? 信じられない。ありがとう!』という感動のお言葉をいただき、搬送に従事した航空救命士も胸が熱くなったと申しております。

我々は、航空機を持つ民間救急NPO法人として、歴史的に大きな第一歩を踏み出しました。『やっとここまできた』という気持ちと、『これからだ』という使命感とで、スタッフ一同、身が引き締まる思いです。まだまだ壁はありますが『できることから一歩一歩着実に進んでいく』という信念にゆらぎはありません。これからも応援をお願いいたします。

 

琉球朝日放送URL:http://www.qab.co.jp/news/2016042079321.html

サイト内検索