NPO法人メッシュ・サポート

Medical Evacuation Service with Helicopter

(航空機を活用した救急医療の提供)

 

 2017331日に北部広域市町村圏事務組合からの救急ヘリ運航補助事業が終了し、資金不足のため201741日から運休。以降、運航再開に向け寄附の呼掛けと補助の継続要請を行い、201838日から寄付金にて救急ヘリ活動を再開し、救命活動に努めてまいりました。(2007616日~2018830日までの累計活動件数:ヘリ1556回・飛行機16)

 補助終了から1年半、寄付金のみでの救急ヘリ運営は厳しく、ヘリコプターの維持が困難な状況に陥っています。北部首長への要請を行ってまいりましたが、未だ本件は議題に挙げられておりません。

 また一方で、沖縄県にて消防防災ヘリの導入準備が進められています。消防防災ヘリが沖縄県本島に配備されることによりこれまで当法人が活動してきた地域の救急体制の強化が図られていきます。離島・僻地の医療格差改善を目的に活動してきた法人として、現状の運営資金状況と、今後、医療格差が広がる遠距離離島への支援を考慮した結果、2018111日より、南西諸島全域における、高速かつ低コストな飛行機を活用した救命活動に移行する事を決断いたしました。

 


 

活動継続には皆様からのご支援が必要です。

ご協力の程、よろしくお願いします。


 

日々の活動情報

公式フェイスブックにて日々の活動を配信しています。より多くの方々にメッシュの活動を知っていただくため、『いいね』を押していただき、メッシュ・サポートの周知にご協力願います。